ページの先頭へ
お仕事をお探しの方へ
お仕事をお探しの方へ
IRメールニュース
正社員雇用ページ

経営情報

トップメッセージ

事業環境の変化をチャンスと捉え、成長戦略を推し進めてまいります。

当上期の業績はいかがですか。

各サービスが順調に拡大し、増収増益基調を確保しております。

当社は、ECサイト運営企業(ネット通販企業)を中心とした顧客に対して、「オペレーションサービス」、「ロジスティクスサービス」、「デリバリーサービス」により、総合的な物流ソリューションを提供しています。当上期は、これら3つのサービスがすべて順調な拡大を見せ、売上高は前年同期比44.1%増となりました(前年同期比は、未監査の前上期の数値との比較/以下同様)。
利益面では、営業利益が前年同期比65.7%の大幅増益となりました。増収効果に加え、オペレーションサービスにおいてコンサルティング提案によって業務の効率化や生産性の向上が図られたことが主な増益要因です。これにより、売上高営業利益率は前年同期比0.9ポイント向上し6.4%となりました。

事業環境は、どのような状況でしょうか。

宅配業界の環境変化など、当社にとって新たなチャンスが到来しております。

EC市場、それを支える宅配便市場ともに、拡大基調を持続させ今後も伸び続けることが予想され、宅配業界においても貨物の小口化や多頻度化等の輸配送ニーズの多様化への柔軟な対応が求められております。この宅配業界を取り巻く大きな変化は、当社にとって大きなチャンスであると捉えております。

事業環境の変化に、どのように対応していきますか。

事業環境の変化に積極的に対応し、事業拡大を図ってまいります。

「デリバリーサービス」は、物流センターからご家庭へと商品をお届けする、いわゆる宅配サービスであり、当社は前期までは、人口密集エリアである東京都心でのみ、サービスを展開していました。当期は、「ECのトータル・ソリューション」を掲げる当社として、ECサイト運営企業(ネット通販企業)を中心とした顧客からのニーズに柔軟かつ積極的に対応していく決断をいたしました。当上期は既に、デリバリーサービス拠点を3拠点新設し、東京2拠点・名古屋2拠点の計4拠点体制としました。顧客のニーズに対応しながら、今後も積極的に展開エリアを拡大してまいります。
また、当社の強みである「オペレーションサービス」においても、2017年4月~10月の7カ月で4つの事業所を新たに開設するなど、順調な事業拡大状況にあります。今後も、高いソリューション能力を武器に、お客様に第一に選ばれる事業運営を推し進めてまいります。

今後の展望をお聞かせください。

AIを活用したIT技術を開発し、“新しい物流の姿”を追求してまいります。

今後の新たな事業環境と顧客ニーズに的確に対応していくためには、新たな挑戦が必要であると考えております。人材がますます必要となる一方で、急激な増員は人材の質の低下、サービスの質の低下を招く可能性が高まります。人材力とサービス力は当社の生命線であり、低下させる訳にはまいりません。そこで当社では新たに、AIを活用したIT技術を開発し、スタッフの熟練度に依存せず、安定的な成果を上げることができる体制を構築してまいります。たとえば、デリバリーサービスでは、AIを搭載したナビゲーションシステムを開発することで、効率的な配送を目指します。
当社は、設立から4年、上場から10カ月足らずと、非常に若い会社です。攻めの経営を推し進め、将来に向け伸びしろを最大限まで拡大していきたいと考えております。
株主の皆様には、引き続き、ご支援賜りますようお願い申し上げます。


代表取締役社長 榎屋幸生