3RD PARTY
LOGISTICS

荷主様が第三者であるロジスティクス業者に対し、
物流業務全般を長期間一括して委託

一般的に荷主に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を受託し遂行することを言います。 基本的には、荷主と運送業者という「利益相反」する関係による不都合を解決するために、 ノウハウを持った第三者(日本では運送業者と同一である場合もある)が、荷主の立場にたって、 ロジスティクスの企画・設計・運営を行う事業が「3PL」となります。

ABOUT

オペレーションサービスについて

operation service

各拠点内におけるコンサルティング業務、
庫内オペレーション業務、一般労働者派遣サービス

従来型の物流アウトソーシングでは、荷主の物流コストの削減が主目的となっていることが多く、委託範囲も配送および在庫管理にとどまることが多い状況です。 一方、当社ではECサイト運営企業・メーカー・配送会社等に対して業務効率化のコンサルティング指導をハンズオンで行っております。「コンサルティング業務」として顧客ニーズの把握から物流戦略の企画立案、物流システムの構築を、「庫内オペレーション業務」として輸配送ルートから物流拠点を選定、拠点内におけるダイアグラムの設定も提供しております。 このように、継続的な改善提案により、さらなるコストメリットが期待できます。

オペレーション
サービスのしくみ

FABRIC

ECサイト企業の物流拠点などにファイズのスタッフを多数配置し、
商品の照合や検品、適切な梱包・仕分け等を行います。

サービスの流れ

FLOW

自社採用の社員やアルバイト(内製スタッフ)によって、
付加価値の高い業務を提供いたします。

入荷

入荷プロセス(荷物を受け取る)

着荷→照合→検品→棚入れ

オペレーション業務の継続的な改善に向けた会 議を定期的に実施

出荷

出荷プロセス(荷物を出荷する)

棚出し→梱包→行先別、仕分け→出荷